先生と生徒

医学部予備校に通って知識を頭に詰め込もう

先生と生徒

生徒の個性が伸ばせる学校

名大附属は、名古屋大学のキャンパスの中に位置する中高一貫校です。国立学校でもあり、また文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに選定されている学校でもあります。自由な校風で、生徒の自主性を重んじているので、子どもの個性を伸ばすことができます。

教材

面接の重要性

学校や企業への入試試験においては、筆記試験に合わせ面接試験が行われることが多くなっている。面接対策については、個人での学習が難しいため、学校などを活用することが効果的である。良く出る質問や、回答例などを教えてもらえる。

多くの受験生が学びます

勉強

地方出身者も多いです

希望する大学の医学部合格を目指して、医学部予備校に通う学生は少なくありません。そして東京には医学部予備校がたくさん集まっています。何故なら東京は全国で医学部の数が最も多く、受験生の数も他に比べるとたくさんいるからです。東京の医学部予備校では首都圏だけではなく、地方から上京してくる受験生も少なくありません。そのため寮を完備したり、学生会館と提携している医学部予備校もおおいです。そのため東京医学部予備校は、地方から上京しても勉強する環境が整っているといえるのです。ところで医学部合格のためには本人のやる気が最も大切です。受験勉強は長期間にわたり行うものであり、モチベーションを維持することがとても大切ですが、そのためには環境づくりが欠かせません。医学部予備校では自習室が完備している教室がほとんどです。予備校によっては長時間気兼ねなく使えるために、個人専用のブースやロッカーを用意している教室があります。しかも年中無休で利用できるところが多く、自宅での勉強がはかどらないときなどは重宝されます。東京ならば交通機関が発達しているので、休日でも気軽に医学部予備校に通える利点があります。医学部予備校では専任のチューターが常時いるところが少なくありません。受験に関する質問や悩みなどを気軽に相談できるため、受験生のやる気を維持し続ける環境が整っています。このように、医学部予備校では必要なことだけに集中できる環境が用意されているのです。

女子学生

個別で行う塾が人気

個別指導を行っている塾が伊丹で注目されており、集団で行っている塾にはないメリットがあるため人気です。先生が生徒とマンツーマンで個別指導する事によって、細かく対応する事ができますし、解らない問題を徹底的に理解する事ができます。